説明」タグアーカイブ

クロツグミ

スズメ目 ヒタキ科。夏鳥。
平地から山地の明るい林で繁殖期以外は1羽でいることが多いが渡りの時は群れを作る。
主に地面を跳ね歩きミミズや幼虫などを採食する。
秋には木の実も食べる。
メスはオスよりも褐色味がある。
全長:21.5cm。

ツミ

タカ目 タカ科 留鳥、漂鳥。
平地から山地の林で生活し、小鳥や昆虫を採る。
成鳥雄は、上面は青黒く、体下面は淡い橙色の横斑、光彩は暗赤色。
成鳥雌は、上面は雄より淡色で、体下面の横斑は淡褐色。
幼鳥は、上面は濃褐色、体下面は胸元まで縦斑
いずれもアイリングは黄色で、成鳥雌と幼鳥は、光彩は黄色で、喉の中央に偲線がある。
全長:雄27cm、雌30cm。
翼開長:51~63cm。

トモエガモ

カモ目 カモ科 冬鳥。
西日本の日本海側に多く渡来し、太平洋側では少ない。
水田や河川でイネ科植物を食べる。
全長:39~43cm。翼開長:65~75cm。